MEMBER

01封筒以外への挑戦、
既に走りはじめています。

メーリングソリューション営業 H.Y. 2018年入社

金融機関からの転職組です。封筒シェア国内№1の魅力に惹かれました。でも、もっと惹かれたのは、日本一の座にあぐらをかかず封筒以外にもチャレンジする企業姿勢です。私は今、販促支援のソリューション営業をしています。通販やECサイトを運営する企業に対して、封書やカタログなどのDMの企画から、デザイン制作、発送まで一気通貫で請け負う提案をしています。100年以上封筒を作ってきたイムラ封筒には、封筒の開封率を上げるノウハウがたんまりと貯まっており、このノウハウを活かしてお客様の売上向上のご支援をさせていただいています。社内にいるプランナーとデザイナーとチームを組み、知恵を絞り、アイデアをカタチにしていく。封筒ではなくアイデアを売るこの仕事は、前職にはない面白みを感じています。ただ、この仕事だけに満足するつもりはありません。イムラ封筒が推進している脱プラスチックによる商品パッケージの紙化。コンビニやドラッグストアに並ぶほとんどの商品パッケージをイムラ封筒製にする。そんな壮大なチャレンジにも挑戦してみたいと思います。

02イムラ封筒は、
新人も新規事業をたくらむ
100年企業です。

パッケージソリューション営業 M.T. 2020年入社

知識や技術は入社後にいくらでも学べます。モノゴトを前向きに捉えられる人、新しいことにワクワクできる人が、これからのイムラ封筒で活躍できる人じゃないかなと思っています。封筒って、可能性が小さいという印象があるかもしれません。正直、働く前は私もそう思っていました。でも今は、自信をもって言えます。封筒は、可能性の塊です。封筒そのものの提案でも実現できることは本当に幅広いです。社内にはお客様の困っていることを解決するために考え、そのアイデアをちゃんとカタチにできる技術力もあります。実際、商品を保護するあのプチプチに代わる梱包材を製造するなど、技術活用にも積極的です。新しい事業領域への挑戦も活発で、入社1年目の新人も手を挙げて参加しています。私も新しい事業領域に貢献したいですし、引き続き封筒の可能性を引き出す営業にも力を入れたいです。封筒って、伝達手段のひとつで“無いと困る“インフラでもあると思うんです。そんな存在だからこそ、カタチを変えて残っていくでしょうし、その進化の最先端をつくっていきたいと思うんです。

03「なんでもしないと」と
「なんでもできる」は、
ワクワク度がぜんぜん違います。

技術部 K.B. 2014年入社

好奇心が旺盛な人。もう少し具体的にいえば、ひとつの業務を追求したいというより、ものづくりの全部を味わいたいエンジニア。そんな人には、ぴったりな現場です。私自身、封筒の製造装置のメンテナンスも、改造や、改良も、すべて担当しています。設計も、加工も、組立も、現場への設置も、すべてやろうと思えば挑戦できますし、予算や状況次第でパートナー企業に部分的に作業をお願いすることもできます。結局のところ、自分がどうしたいか次第なんですね。こんな環境で働くと、どうなるか。尖ったエンジニアが大量に育ちます。修理ひとつ、加工ひとつとっても、人によって発想が全然違うため、技術の話をしているだけでも面白いです。やり方も個人に任されるので、みなさんこだわりもすごいです。最初からこれと決めずいろいろ試してみて自分のやりたいことを見つけられる職場なのかもしれません。会社として新しいことにチャレンジする機運が高まっていますが、私は、時代を動かすモノというより、人の心を動かすモノをつくれるエンジニアになりたいです。作業手順がひとつ減る、以前よりも操作がラクになるなど、例えちょっとしたことでも、誰かが喜んでくれる姿を間近で見られることが、私の原動力です。

TOPへ